最終更新2024年1月24日

  当院は引き続き「発熱外来」を行っています。「かぜ症状」がある方は事前に電話で

ご連絡下さい。また車で来院可能な方にはドライブスルー形式の診察も行っています。

 当院では、コロナ陽性と診断した方にDUU-SYSを運用してきましたが、2023年11月27日

以後はDUU-SYSの運用を中断します。これは①新型コロナの患者さんが減少したこと、

②その罹患症状も軽症化したこと、によるものですのでご理解ください。

なお、次の流行が起きた際にはまたDUU-SYSを運用し対応いたします。

  当院では、コロナ陽性と診断した方に病状把握・病状追跡のツールであるDUU-SYSを運用してきました。この結果を2023109日「第38回 保団連医療研究フォーラム」で、「“DUU-SYS”の転用で利用者満足と現場負担軽減の両立が可能である」という演題で発表しました。

  その動画やDUU-SYSに関して下記のHPで紹介しています。

  https://sites.google.com/view/duusys-site/

  ご関心がある方はdoutare@apricot.ocn.ne.jp までご連絡ください。

 2023年10月「第38回 保団連医療研究フォーラム」で、「❝DUU-SYS❞の転用で利用者満足と現場負担軽減の両立が可能である」を発表しましたが、下記PDFはその「記録集」に掲載する文章です。

23.11.13hodanrenkenkyuf.pdf
PDFファイル 655.2 KB

 千葉大学医学部同窓会誌第191号(2023年1月発行)

https://inohana.jp/hq/wp-content/uploads/2022/12/191.pdfに、

「新型コロナ発熱外来でITツール❝DUU-SYS❞の活用を」が掲載されました。

23.1.5duu-sysinohana.pdf
PDFファイル 915.2 KB

当院で12年間実践してきた「1人暮らしあんしん電話」をまとめた文章です。

 2021年10月20日に「保団連医療研究フォーラム」(ZOOM開催)で、「孤独・孤立対策としての『1人暮らしあんしん電話』~当院12年間の実践報告」を発表しました。その記録集が

2022年1月末に発行されましたが、その中の私の文章です。

22.2.10anshindenwamatome.pdf
PDFファイル 1.2 MB

 2022年1月から行ってきた「コロナ感染者管理システム、DUU-SYS」関係の他の様々な論文・記事は、当院HPで「当院および院長の紹介」>「院長の考え」欄に移動・掲載しています。

 2019年1月12日に東京大学安田講堂で開催された❝2019 団塊・君たち・未来❞の要旨や関係報道記事等は、当院HPの「当院および院長の紹介」>「院長の考え」欄に一括掲載しています。

 「勇美記念財団」から助成を得て、20173月「松戸市常盤平地区事例集 この教訓を全国に」という小冊子を作成しました。これは当地で開催してきた「高齢者支援連絡会専門部会」の討論などを、専門部会の多職種がまとめたものです。現在全国で実施されている「地域包括ケア個別会議」の参考になるものです。その本文は、勇美記念財団の「小冊子のご案内」の上から5段目からPDFで閲覧できますので、どうぞご参照ください。

    同様に上から12番目には、166月に「松戸市医師会在宅ケア委員会」としてまとめた

  「在宅医療の手引き~かかりつけ医が在宅医療を開始するには~」も閲覧できます。

「ゐのはな同窓会」(千葉大学医学部同窓会)のHPに、当院紹介のビデオが掲載されています。診療所の様子や私の活動の紹介がこちらに収録されていますのでご参照ください。